PATLITE New Frontiers in Safety, Security and Comfort.

お客様サポート

<技術豆知識>
回転灯のグローブの色によって使われ方が違うのですか?
パトライトの代表的な製品のひとつである回転灯は赤、黄、緑、青、紫とカラフルなラインアップを
持っています。
このカラフルな色もひとつひとつ用途や意味があることをご存知ですか?
道路運送車両法に以下のような規定があります。

<道路運送車両法の保安基準よりの抜粋>

実は回転灯は法律で基準を定められているのです。さらに、以下のような用途が規定されています。

例えば、最もなじみの深い赤色灯は緊急車両用として使用されています。
一般には自家用車などでは使用できないものです。

黄色灯は国土交通省やNEXCOなどの道路維持管理車両用として使用されています。

緑色灯は道路運送車両用として、車長、車幅の大きな大型トレーラーなどに使用されています。

青色灯は防犯パトロール用として使用され、近年の防犯意識の高まりをうけて日本各地の地域防犯
のために役立っています。

紫色灯は前述の4色の回転灯とは若干性質が異なり、道路(高速自動車国道や一般国道の
自動車専用道路)上での事故や、やむを得ず自動車を停止する必要のある場合に使用する
回転灯です。

紫色灯は三角形の反射式停止表示板の代わりに使用する事が認められており、万が一の場合に
活躍する回転灯です。

簡単に回転灯の各色の用途などをご説明しましたが、紫色灯以外は原則使用許可が必要です。
また、紫色灯はどなたでもご使用いただけますが、自動車の走行中の使用(点灯)は
認められていません。
あくまでも停止時に使用するものです。

この情報はお役に立ちましたか?

Page Top