PATLITE New Frontiers in Safety, Security and Comfort.

お客様サポート

ネットワーク監視表示灯 NH-FV型
ネットワーク監視表示灯 NH-FV型を1台使用しています。
同じNH-FV型を1台追加して、1台目のNH-FV型の状態と同じように
制御ができますか?
NH-FV型の2台目を追加して「SNMP対応機器監視機能」の設定をすることで、
監視設定番号(1〜 20)の20件まで、制御することができます。

■設定方法(例)■

1台目のNH-FV型を「A側」、追加する2台目を「B側」とします。

<A側の設定>
・ネットワークを通して通信ができるように「システム設定」画面の設定をします。

<B側の設定>
・「
SNMP設定(PDF)」画面でSNMP対応機器監視機能が「有効(初期値)」に
 なっていることを確認いただき、GETコミュニティ名も入力してくだださい。
・「SNMP対応機器監視設定 条件合致」画面で接続先アドレスにはA側のIPアドレス、
 判定条件欄には定期的に取得するLED状態変化時のOIDと、条件合致時動作1で
 条件合致時の動作を設定します。

 SNMP対応機器監視機能の条件合致検知の設定方法については取扱説明書の
 「4.21. SNMP対応機器監視設定-条件合致検知画面(PDF)」を参照してください。

 例)赤が点灯の場合のOIDは「1.3.6.1.4.1.20440.4.1.5.1.2.1.4.1」、型は「integer」、値は「2」、
   監視周期は「0以外」にしてください。

 条件合致時動作1の赤欄は「赤点灯」を設定します。
 この場合、条件合致時の動作はLEDの「赤」が点灯します。
 続いて条件解除時の動作設定も行ってください。

 OIDは取扱説明書のMIB(Management Information Base)(PDF)
 「controlLightCurentState」欄に記載しています。

このページのトップに戻る


※SNMP対応機器監視機能の詳細については下記をご参照ください。

■SNMP対応機器監視機能概要■

SNMP対応機器監視機能はSNMP対応機器に対してSNMPコマンドで状態を定期的に取得し、
監視します。
設定に応じて状態の変化を検知し、報知することができます。
検知方法には、「条件合致検知」「変化検知」があります。

SNMP対応機器監視機能の詳細については取扱説明書の
3.6 SNMP対応機器監視機能(PDF)」もご参照ください。

<条件合致検知>
 SNMP対応機器から取得した状態とWebセットアップツールで設定した条件が合致したとき、
 条件合致時動作をおこない、条件合致状態になります。
 条件合致状態から条件に合致しない状態となったときは、条件解除と判定し条件解除時動作を
 おこない、監視状態になります。

 SNMP対応機器監視機能の条件合致検知の設定方法については取扱説明書の
 「4.21. SNMP対応機器監視設定-条件合致検知画面(PDF)」を参照してください。

<変化検知>
 SNMP対応機器から指定したOIDの値を定期的に取得します。
 取得した値とその直前に取得した値を比較し、値が変化していた場合に変化検知時動作を
 おこないます。

 SNMP対応機器監視機能の変化検知の設定方法については取扱説明書の
 「4.22. SNMP対応機器監視設定-変化検知画面(PDF)」を参照ください。

このページのトップに戻る

この情報はお役に立ちましたか?

Page Top