PATLITE New Frontiers in Safety, Security and Comfort.

製品情報

ワイヤレスコントロールユニット(省エネ版)
PWS-T
ワイヤレスコントロールユニット(省エネ版)
ワイヤレス通信で報知機器を制御
特定小電力無線採用で長距離通信が可能
独自のマルチホップ機能で信頼性向上
乾電池での動作が可能
ネットショップ

特長

◎ご購入前に、必ず注意事項をお読みください。
→ご購入前の注意事項

● 入力5点(送信機),出力5点(受信機)を搭載。
送信機は、無電圧接点入力タイプ(PWS-TTN)と有電圧接点入力タイプ(PWS-TTP)を揃えています。
● 屋外設置可能
防まつ構造IP54により屋外設置が可能です。
(直取付時、または壁面取付ブラケット使用時)
● リレー接点出力1点を搭載(受信機)
回転灯や電子音報知器などの電源制御製品を直接接続することができます。
※外部電源供給時のみ使用できます。
● 乾電池でも動作可能
外部電源(DC12-24V)に加え、単3形アルカリ乾電池
でも駆動できます。
※電池駆動の場合、使用制限があります。
※電池は付属しておりません。
※乾電池は外部電源のバックアップ用ではありません。
※AC電源にはオプション品のACアダプタ(屋内仕様)をご使用ください。
● 配線が簡単
スクリューレス端子台を採用しており、配線時に特別な工具は必要ありません。

高速版については、高速版(PWS-H)ページをご覧ください。

→高速版ページへ

型式・仕様

サイズ 267×76×85
定格電圧 DC12~24V
突入電流 送信機:最大50㎃
受信機:最大75㎃
耐振動 19.6m/S²
取付 正方向
本体色 オフホワイト
材質 ABS
使用場所 屋外
無線規格 特定小電力無線
429㎒帯
質量 送信機:220
受信機:230
適合規格 電気用品安全法
IP 54

アクセサリー

よくあるご質問

質問 回答
PWSシリーズの省エネ版と高速版をお互いに通信することはできますか? 製品仕様が異なるため、相互に通信することはできません。
送信機から送った電波が受信機へ到達したことを送信機側で確認できますか? 状態表示LEDに加えて、送信機に内蔵のリレー出力接点がONしますので、表示機器を接続することで、より効果的な確認が可能になります。
無線の伝達距離を延長させる場合、中継器が必要でしょうか? 送受信機とも中継機能をONに設定することで、無線の中継が可能です。
(この場合、送信機は中継専用機となります。)
中継は何台まで可能でしょうか? 最大2台(送信機/受信機含め計4台)まで使用できます。
電池で駆動させることは可能でしょうか? 乾電池での駆動はできません。
海外で使用する事はできますか? 本製品は、国内電波法に基づく仕様となっておりますので、日本国外では使用できません。
PWSシリーズを使って機械制御は可能ですか? 機械制御には使用できません。
送信機間の設置間隔はどれくらいの距離が必要でしょうか? 最低3メートル以上距離をおいて設置してください。
(周波数チャンネルを4ch以上あけて設定する場合)
自局アドレスの設定はどのようなケースで使用しますか? 無線の混信を避けるため、無線経路を特定させたい場合に使用します。
自局アドレスが同一でも同報通信設定をONにすることで、1 : N通信が可能となります。
1 : N通信をしたい場合、自局アドレスの設定は不要となります。
変調方式はどのような違いがありますか? FSKモード:SSモードよりも送信速度が速い変調方式です。
SSモード:FSKモードよりもノイズなどの影響を受けにくい変調方式です。
詳細は取扱説明書をご確認ください。
製品カテゴリー
ダウンロード関連ファイル About Close
Page Top