PATLITE 採用情報 > 社員紹介 > 国内営業

国内営業

国内営業

座右の銘

2017年 マネジメント創造学科卒
シグナル機器西日本営業部 大阪営業課

私の所属する大阪営業課では、
各都道府県(エリア)に1人~2人担当を振り分け、担当エリアのエンドユーザーへ足を運び製品PRをする仕事と、直接ユーザー様へパトライト製品を販売している代理店様へ訪問する、2つの軸で仕事をしています。

どんなお仕事?

代理店様への営業は、パトライト製品をユーザー様へ、拡販いただく仕組み(受発注、取組計画等)をご相談させていただいたり、新製品の勉強会や同行営業で、製品の販売方法について、ご説明させていただくこともあります。
ユーザー様への営業は、生産現場の安全対策や作業の効率化など、現状課題を解決するご提案が重要です。「光・音・文字」に特化しているパトライトですが、近年は市場のニーズに合わせ、ネットワークに特化した商材もリリースし、ユーザー様に認知いただける活動(展示会出展や広告への製品掲載)も合わせて行っています。
また、そうした取組の中で得た情報や、ユーザー様の生の声を元に、「自身の考え」を社内(開発部門や企画部門)へフィードバックすることで、新しい製品のヒントにしていくのも重要な仕事の一つです。

イメージ1
pagetop

どこにやりがいと感じる?

入社して日が浅い私でも、意見や考えをしっかり尊重してもらえる環境がある事です。もちろん、先輩方にも相談しながら仕事をしていますが、たいていのことは、「思った通りにやっていいよ。失敗したらまた考えたらいいんだよ。」と、背中を押していただいています。
例えば、今期私が掲げた目標は、自動車や建機業界で著名な企業の各工場・各部署を訪問し、稼働率改善につながる製品に特化したPR(出前展示会等)を展開することでした。まず、“なぜこれをするのか”根拠を明確にし、“PDCA”を考えながら仕事をするように心がけました。
そうする事で、少しずつ自分がPRしたユーザー様から代理店様への受注が増え、実際に製品を、お使いいただく企業様が増えてきました。手探りでしたが自分で考えてやってみた結果が、目に見える形でユーザー様の役に立てていると感じられるのは、何より自分のやりがいにつながっています。

イメージ2
pagetop

ここだけの失敗談

代理店様より、ホウレンソウ(報告・連絡・相談)ができていないと、ご指摘を受けたことです。
私がユーザー様に訪問し、見積だけを提出しました。すると、代理店のご担当者から「どういった内容で訪問し、この見積を提出したのかをきちんと説明してほしい」と、電話をいただきました。というのも、私とは違ったプロセスで、同じ部署のユーザー様に既に製品提案をしており、ユーザー様を不安にさせたからでした。自分だけが、理解しておけばそれでいいと思っていました。営業は、個人プレーではなく、チームプレーが必要であることに気づかされました。それからは、受注に至った要因や至らなかった原因をこまめに話し合うことで各代理店とも、スムーズに仕事が出来るようになり、引いては、ユーザー様の方にもより良いご提案が出来るようになったと感じています。

イメージ3
pagetop

学生へのメッセージ

就職活動は、将来の自分を決める大切な時期ですが、気付けばすぐ終わってしまう、短い時間です。色々考えて、悩む事も多いと思いますが、立ち止まらず、とにかく行動してみてください。どうしても動き出せない時は、学生時代を振り返りながら、自分のペースで「自分はどんな大人になりたいのか」「どんな仕事がしたいのか」原点に返って、人生も後悔しないような選択をして欲しいと思います。

私自身、まだまだ失敗ばかりですが、当時を思い返すと、いっぱい考えて、いっぱい行動して決めた会社だから、前を向けるし、毎日少しづつ成長出来てるのかなと思えます。
皆さんも是非、失敗しながらでも色んな事に挑戦してみて下さい!

イメージ4
pagetop