PATLITE 採用情報 > 社員紹介 > 生産調達

生産本部 生産企画部 生産調達課

生産本部 生産企画部 生産調達課

座右の銘

2018年 総合政策学科 生産本部 生産企画部 生産調達課

私が所属する生産調達課では、お客様から受注を頂いた製品の生産計画を考え、納期通りに出荷が出来るように調整を行う生産管理の仕事と、生産するために必要な部品全般の在庫管理や発注業務などを行っています。いわゆる「司令塔」や「指揮官」のような役割です。

そのため、単に計画を考えるだけではなく、実際に計画に基づいた生産が行われているのかと、常に状況を把握しなければなりません。例えば、使用する部品に不足や不備が生じた場合や、生産すべき製品の優先順位の変動によって、工程の変更を要する場合もあります。このように、都度変化しうる状況から適切な判断をし、迅速な対応をすることが求められる部署です。

どんなお仕事?

製品を使用して頂くお客様に満足して頂けるよう、Q(Quality:品質)、C(Cost:価格)、D(Delivery:納期)の3要素を満たすことを目標としています。その中でも、生産管理の仕事では「納期」をいかに守るかが問われます。そのため、生産計画を考える時は、1日あたりの決められた時間内に無理なく組み立てられるように、過去の生産実績なども参考にしながら考えています。そして、この3要素は会社の利益にも関係するため、常に念頭に置きながら行っています。様々な要望に応えられるよう、生産現場や営業の方々と日々連携を取りながら業務に携わっています。

具体的には、お客様から注文を受けた製品に対し、使用する部品の在庫の調査と、生産能力が可能かどうかを判断し、納期を確定させます。その際、製品で使用する部品が1つでも不足した場合は生産が出来なくなるため、注文を受けた時に見落としの無いように在庫の確認をし、生産能力については、製品が偏ったり、1日あたりの生産能力を超えないように調整しています。

また、発注した部品の納期管理も行っており、仕入先と納期交渉をしながら、生産に影響を及ぼさないようにコントロールしています。

イメージ1
pagetop

どこにやりがいと感じる?

納期に遅れることなく、自分が考えた計画に沿った生産が実行された時にやりがいを感じます。生産管理の使命の1つに「納期遵守」という項目があります。期限を守ることは当然のように感じるかもしれませんが、計画通りに物事を進めることは決して容易なことではありません。突然、予想外のトラブルや問題が起こることもあります。

その場合、事態が悪化する前に事前に対応を考えたり、関連部門の方々と調整を行ったりと改善工夫を施して乗り越えることになります。多角的な視野から様々な情報を収集し、的確な判断を導き出すことは難しいですが、工場の舵取り役となって、生産に携われる点に特に魅力を感じます。

また、仕事を離れ、普段の生活において駅や街の中で自社製品が使われているのを目にした時は、大変誇らしく思います。特に自分が携わった製品を見つけた時には、この仕事を通して、ほんの僅かですが社会貢献が出来たのだと実感します。

イメージ2
pagetop

ここだけの失敗談

受注された製品に対し、ある部品の在庫数が少ないのにも関わらず、それを見落としたまま納期を確定してしまいました。
本来ならば、納期を確定する前に見つけて仕入先に納期調整の依頼をするべきなのですが、後日、生産計画の調整を行っている時に気が付きました。
すぐにその部品の調達担当に事情を説明し、仕入先に部品の納品日を早めて頂けないかと依頼してもらいました。結論としては、偶然仕入先に在庫があるとのことであったため、急遽送って頂き、何とか計画通りに生産が行われました。

今回は無事に解決しましたが、もし生産する当日まで気づかなければ、工場からお客様の元へ出荷する納期を遅らせなければならないことになります。それ以降、部品を確認する際には、次回の納品日やあと何日分在庫があるのかと、先のことまで考えて調べるように気を付けています。

イメージ3
pagetop

学生へのメッセージ

就職活動は最初から業界や職種を狭めずに、広い視野を持って行動するべきであると思います。少しでも関心を抱いたら説明会に参加してみるなど、積極的に自分の足で沢山の情報を収集し、糧にしてください。

また、自分自身を見つめ直すチャンスでもあります。時間がかかってもいいので、まずは自己分析をきちんと行ってみるのがいいかと思います。
今までの経験や学生生活を振り返り、「自分の長所とは何か」「それはどのような場面で活かせることが出来るのか」とよく考えてみると、どのような仕事がしたいのかという軸がはっきり定まってくるはずです。そして面接の時は、意図を明確にして自信を持って伝えれば、想いは必ず伝わります。

最後に、就職活動中は苦しいことや悩むこともあるかとは思いますが、努力した分結果はついてきます。
最後まで諦めずに粘り強く、笑顔で頑張って下さい。

イメージ4
pagetop