PATLITE 採用情報 > 社員紹介 > 商品開発本部 商品開発課

商品開発本部 商品開発課

商品開発本部 商品開発課

座右の銘

2016年 理工学研究科 商品開発本部 商品開発課

私は商品開発課に所属しています。商品開発課には機構設計担当、回路設計担当、ソフトウェア設計担当がおり、それぞれの担当が開発プロジェクトへアサインされます。そのような体制の中、私は情報機器PMで回路設計を担当しています。

学生時代の専門分野は電磁気学で、今業務で行っている回路設計とはあまり関係のない研究をしていました。就職活動の時期に色んな会社の会社案内を見ていた中で”パトライト”という分かりやすい社名に目が留まりました。

パトカーのライトを作っているということは丈夫な製品作っているのかなという印象で、それまでの専門分野とは違いましたが「絶対に故障してはいけないような製品の開発に携わってみたい」と思い面接を受けました。実際に信頼性試験と呼ばれる様々な社内試験は厳しい基準が多く大変ですが、その分やりがいを感じて日々業務に取り組んでいます。

どんなお仕事?

メインの業務はCADを使った回路設計・基板設計・試作です。
新製品開発は初期の段階から営業企画と何度も打合わせを行い、どのような製品が今市場で求められているかを議論するところから始まります。仕様が決定したら、設計、信頼性評価と進行していきます。

設計では単に機能を満たす製品を作るだけではなく、お客様の使いやすさ、クレームを出さない丈夫な製品、製造工程での生産性を考慮し開発を進めていきます。
私の担当している回路設計・基板設計は製品のコアとなる基板を作る仕事です。基板形状や電子部品のサイズ、配置位置の制約をうまくかわしながら仕様を満たす製品設計を進めていかなければなりません。また、安全性を考慮した設計も必要です。例えば、USBケーブルのみで駆動する製品であれば、電源の供給元であるパソコンを破壊してしまわないように消費電流を抑える設計が必要となります。なおかつ製品としての機能であるLEDの光度・ブザーの音圧は損なわいようにしないといけませんので、試行錯誤を繰返しながら完成まで持っていきます。

回路設計と聞くと難しく聞こえるかもしれませんが、意外と学生時代に学習したオームの法則などが基本となります。複雑な製品の設計になっても基本の法則に従って設計を進めていくことが大切です。
まずは基本を徹底して、そこから様々な応用に活かしていくことが大事になります。

イメージ1
pagetop

どこにやりがいと感じる?

展示会などで実際にお客様からの反応を見ることが出来たときにやりがいを感じます。「わかりやすい」、「使いやすい」等の声は特に嬉しく思います。製品を小型化しつつ、機能アップを目指す設計が多いので機構設計者やソフト設計者と幾度と試作を重ねてきた苦労が報われます。

また設計段階で課題がある時にベテラン、若手関わらず議論し合い、課題解決に至ることが出来たときにもやりがいを感じます。一人では解決できない課題でも複数人で意見を出し合うことで解決への糸口が見えてきます。

イメージ2
pagetop

ここだけの失敗談

基板の試作を作る際、基板に載っている電子部品は外部業者に部品を送付して実装(半田付け)してもらいます。基板によって様々ですが50~100種類の電子部品を仕分けし、送付する必要があります。ある基板の実装依頼の時に、私の確認漏れで1種類の電子部品を入れ忘れてしまったことがありました。実装が終わり戻ってきた基板にはもちろんその部品だけが実装されておらず、電源を入れても正しく動作しません。半田ごてで半田付けできる部品であればすぐに修正が可能なのですが、よりによって通常の半田付け作業では実装が難しい部品でした。なんとか自力で実装して基板は正常に動くようになったのですが、非常に時間がかかってしまい他の仕事にまで影響が出てしまいました。

このことがあってから電子部品を仕分けした後には入れ忘れ、間違いがないか何重にもチェックするようにしています。これは他の業務にも言えることで、少し時間がかかってでも事前にしっかりとチェックしておくことで後戻りすることなく仕事が進み、結果的には全体にかかる時間は短くなります。何事に対しても基本動作を徹底することが大事だと学びました。

イメージ3
pagetop

学生へのメッセージ

今しか出来ないことを優先して取り組んでみてください。資格勉強や趣味など何でも良いです。様々なところで身につけた知識は後で必ず役に立つ時がきます。

私も日々業務に取り組む中で、学生時代に身につけた知識がまさかこんなところで役立つのかと思う場面は何度もあります。
時間が余っているとどうしても怠けてしまいますが、億劫に思わず色んなチャレンジをしてみてください。

イメージ4
pagetop