S-AH08B_PWSシリーズ
7/12

ワイヤレス通信なので、ライン変更やレイアウト変更にも容易に対応可能です。アンサーバック機能を使って、無線の到達を確認することが可能です。PWS-H型(高速版)は入力間隔の短い入力にも対応しているので、生産管理表示板などへの入力に使用する事ができます。大がかりな配線工事も必要なく、低コストで導入できます。PWS高速版を使って、無線で信号をインプットできます。PWS-H型(高速版)は送信機にもリレー接点出力を搭載しています。アンサーバック時に報知機器を連動させることで、効果的に周囲に無線の到達を知らせることが可能です。送信した無線が、ちゃんと到達したのかを確認できないだろうか・・・PWS高速版のアンサーバック機能を使って確認できます。高速版用途事例2離れた機器から、生産管理表示板へカウント信号を入力できないだろうか・・・高速版用途事例1高速版を使った用途事例ワイヤレスコントロールユニット(PWS-H型)6ラインAライン変更時の設定も簡単!ラインB配線工事のコストを削減できます!生産管理表示板VE100-304S型センサからの信号を入力 !信号を受信機に送信受信機からの接点入力を受けてカウントアップ通 信エラー429MHzPWS-RMODEL受信機無線が届いた!緊急車が出動しますアンサーバック機能で無線の到達を確認!リレー出力で表示機器を動作アンサーバック緊急車両出動 !信号を受信機に送信接点出力で回転灯を制御緊急車が出動します

元のページ  ../index.html#7

このブックを見る