PATLITE 採用情報 > 社員紹介 > 国内営業

国内営業

国内営業

座右の銘

2015年 社会学部社会学科
シグナル機器西日本営業部 大阪営業課

営業部門では、お客様が抱える課題を解決するための提案営業をしています。
工場設備関連の現場で利用される表示灯や回転灯、パトカーなどの緊急車両に搭載される回転灯やサイレンアンプに加え、官公庁向けのLED表示ボードなど、幅広い業界へのソリューションを豊富なラインナップでカバーしています。
お客様からの問合せ対応や、頂いたご注文の受注入力業務等は、事務所内の業務メンバーが行っており、この連携によって私たちはお客様先への営業活動に集中できる環境が整っています。
その他にも、製造・開発・企画・宣伝などの各専門分野のスタッフとのチームワークを取りながら、新製品やキャンペーンの企画にも携わっています。

どんなお仕事?

当社の製品を販売して頂いている代理店や、実際に製品を使って頂くエンドユーザーを訪問するルート営業がメインとなります。

私は代理店を通じた活動がメインになりますので、活動範囲は近畿地区の広範囲にわたります。代理店に対しては、お互いが満足できる取引、いわゆるWin-Winの関係を築けるようなプランをご提案する事が重要な任務です。 エンドユーザーへは、業務効率化・安全性向上などといった現場の課題やニーズを的確にヒアリングし、「光・音・文字を用いた表示」でそれらに迅速に対応する課題解決提案、ソリューションを提供する事が営業として求められます。

当社が常にマーケットリーダーである事を目標に、あらゆる業界のトレンドをいち早く掴み、新製品開発へのアイデアや提案を出す事も重要な仕事のひとつです。

イメージ1
pagetop

どこにやりがいと感じる?

何よりも自分の提案がお客様の課題解決につながった時です。
金額の大小にかかわらず、お客様のお役に立つことができたと感じられるのがやりがいです。

まだ入社して2年目ですが、自分の考えを発信しやすい風通しの良い会社と感じています。
間違っていたときは、皆さんからあたたかいアドバイスをいただけるので萎縮することなくさまざまなことに取り組むことのできる環境であると感じています。また、積極的に動くことで社内外に味方ができ、「湊が言うならやってやろう。」と言っていただける方が増えていくのもやりがいにつながっています。

イメージ2
pagetop

ここだけの失敗談

失敗は毎日のようにしていますが、自分の担当のお客様から頂いた製品改良要望への対応が適切でないと、上司からご指摘をいただいたときが印象に残っています。

その要望はあくまで1ユーザーからの声。大ごとにせずとも、個別に対応するだけで、自分のお客様には満足して頂けるので、問題ないだろうと考えていました。
しかし上司の思いは違いました。「1ユーザーの要望は、他の国内ユーザーや海外のユーザーからの要望かもしれないとは思わないのか!?」と言われて初めて気付きました。1つの小さな問題が、全社的な問題ではないのかという視点で物事を捉える力が、その時の私には足りていなかったのです。もちろん、その後は社内の幹部にも協力いただき、要望解決へ奔走した事は言うまでもありません。

この経験を通して、自分が営業として、人として、ひとつ成長できたと感じています。

イメージ3
pagetop

学生へのメッセージ

就職活動をされる皆さんには、たくさんの会社を見ていただければと思います。これほどゆっくりと色々な会社と向き合い、自分自身を見つめ直す事が出来るのは、学生生活のこの時期くらいだと思います。

なので自分の先入観にとらわれることなくどんどん動いてみてください。そうすることで新しい自分の一面を知ることができると思います。

自分の足を使ってどんどんぶつかってみてください。
そして皆さんとご縁を持つことができ、同じ会社で働ける日を楽しみにしています。

イメージ4
pagetop