PATLITE 採用情報 > 社員紹介 > 営業企画

営業企画

営業企画

座右の銘

2009年 政治学科卒 営業企画部

私が所属している営業企画部は、全国の営業の司令塔として日々様々な仕事をしています。まずは営業部門の支援。主に全国の営業担当が営業活動に集中できるように必要なツールの作成・売上の管理・社内調整業務などがあります。各営業担当がお客様から吸い上げてきた情報を集約して、全社に展開していくことも大切な仕事のひとつです。

また新製品開発ではマーケティングから発売までの全てのプロセスで重要な役割を担っています。
具体的には新製品開発のために営業・開発と一緒にお客様を訪問しニーズの収集、市場規模の算出、当社が獲得できる市場余地の検討など様々な業務があります。

どんなお仕事?

私は主に開発部門などの他部署と協力し、新製品開発に携わっています。
新製品開発にあたっては、まずお客様のニーズを正しく理解することが必要です。
そのために、当社の営業担当からヒアリング情報を貰ったり、自ら直接お客様を訪問したりする事もあります。また、展示会へ赴いて新しい技術のリサーチを行い、さらにそこからターゲットとなりそうな市場の調査をすることも新製品開発における重要なミッションです。

こうやって得た情報を集約、分析し、製品の仕様を確定させた上で、ようやく実際の製品開発が始まるわけです。製品開発がスタートすると、発売日に向けて、開発がスケジュール通り進んでいるかの進捗確認、カタログやPR動画といった販売ツールの企画・作成、販売価格の設定など、新製品の販売目標達成に向けて様々な準備をしています。
この事前準備次第で、発売後の売り上げに大きな影響が出ますので、非常に重要な仕事を担っていると実感します。

イメージ1
pagetop

どこにやりがいと感じる?

メーカーにとっての大きなイベントといえば、何といっても製品の展示会です。当社も各業界の展示会に多数出展しています。
展示会の企画・運営は主に営業企画部が担当するのですが、数ヶ月前から、出展のテーマ・コンセプトを決めるところから始まり、展示製品の選定、展示パネルの仕様決定に至るまで、大小様々な業務があり、多くの時間と労力を要します。

初めて私がメインとなって展示会を担当した時には、分からないことだらけで、段取りがうまくいかず苦労しましたが、各部署の方々の協力を得ながら、ギリギリまで各方面との調整を行って何とか前日に全てが整うといった状態でした。
展示会初日の朝まで、準備不足がないかと心配しきりでしたが、いざ開場すると予想以上の集客があり、多くの新規取引のお話もいただくなど、何とか成功と言える形で閉会を迎えることができました。
展示会出展には苦労もありますが、会社を挙げての大きなイベントだからこそ、無事に終わった時には何とも言えない達成感を味わうことができます。

イメージ2
pagetop

ここだけの失敗談

仕事をする上でトラブルはつきもの。
ですが、トラブルが起きた際にどう対応するかで、更に大きなトラブルを呼ぶことにもなり得るので、特に初動や、上司を含めた関係者と情報共有し対応することが大切だという事を痛切に感じた経験をお話します。
ある製品の企画担当をしていた時のこと、製品プロジェクトでトラブルが発生しました。
最悪の場合、製品の出荷延期の可能性がある重要なトラブルでしたが、「自分の力で何とか処理したい」という気負いもあって、上司に十分な報告ができていませんでした。そうしている内に、他のトラブルまで発生し状況は更に悪化・・・。

結局、私の様子に気付いた上司がフォローしてくれたお陰でトラブルは解決し、問題なく出荷まで漕ぎ着けることができました。 いわゆる「報連相」が徹底できていなかった事で、余計な手間も増え、かえって上司の手を煩わせることとなってしまい、ひたすら反省するしかありませんでした。
情報を止めない、自分で判断、対処できない場合は、すぐに上司に報告。分かっていたはずで当たり前の事なのですが、これからも肝に銘じておきます。

イメージ3
pagetop

学生へのメッセージ

就職活動を通じ、広い世界を是非感じてください。社会はとてつもなく広いです。まだ見たことのない、気づいてすらいなかった面白さが社会にはいっぱいあります。
就職活動は、いろんなことを考え、将来を見据えるキッカケになりますので、是非積極的にいろんな世界を体感してください。 時には、失敗することもあるかもしれません。しかし、人は失敗から多くを学びます。

私自身、仕事でも多くの失敗をしてきましたが、振り返って考えるとその1つひとつが、「次」に繋がってきたからこそ、成長してきたんだなと実感します。たまには同じ失敗をしてしまう時もありますが・・(笑)
皆さんも、失敗を成長への糧として考え、臆することなく何事にも挑戦していってください。

イメージ4
pagetop