PATLITE 採用情報 > 社員紹介 > 機構開発

機構開発

機構開発

座右の銘

2012年 機械工学科卒 機構開発部

当社ではプロジェクト制というスタイルを採用しており、営業・開発・製造など各部署から複数のメンバーが集まって、製品開発を行っています。
プロジェクトの主軸となる開発部隊は機構開発部と電子開発部に分かれており、私の所属する機構開発では主にCAD(2D/3D)を使った全体構想・筐体・構造設計・力学シミュレーションなどを行っています。
また、設計業務だけでなく、仕様決定から量産まで携わるので、業務範囲は多岐にわたります。例えば、新製品の仕様ひとつとっても、市場調査で得られた情報を踏まえて、開発職と営業職とが幾度と無く打ち合わせを行って決定するのですが、こういったごく初期の製品開発ステップから私たちは携わります。

また、製品の設計が終わると実際に試作品を作り、設計した製品が本当に仕様を満たしているかを確認する評価試験も自らが行います。
日々の業務では、様々な部署や人と関わることができますし、様々なことを経験できるので刺激を受ける毎日です。

どんなお仕事?

私は、工作機械や製造組立ライン、食品加工ライン等に取り付けられる産業用特殊LED照明の開発を行っています。日々、様々な業務がありますが私がメインで任されているのは、3DCAD等を使った構造設計や、物性確認のための各種実験です。
特に実験については、産業用特殊LED照明は家庭用と違い化学合成油・業務用洗浄剤・水・切削くずが飛び散る環境で使用されますので、実験もあらゆるシーンを想定した厳しい環境で行う必要がある、特殊なものになります。
さらに、光学実験では明るさのみを追求するだけでなく、照射光の明暗ムラの軽減やLED特有のマルチシャドウと呼ばれる影の抑制など、品質の向上を目指して日々、試行錯誤しています。

その他にも、部品の調査・手配から関係部署と日程調整や進捗状況の調整・評価試験・取扱説明書の作成などを行っています。部品の調査・手配では求める製品仕様を達成する為に、部品会社の方と直接お会いして部品の素材、調達、製造方法などの打合せを行うことも。そんな時には、お互いの目標の実現のために自分なりのアイデアをひねり出すように心がけています。

イメージ1
pagetop

どこにやりがいと感じる?

製品の基になる業務を行う開発は、どんな仕事も責任が大きく、小さなミスが後々大きな損害に繋がります。例えば、製品の設計変更をする場合。こんな時は、もちろんその製品図面も変更になるのですが、図面は様々な人が見る為、曖昧な表記やちょっとした誤字脱字などが原因で誤解を生んでしまい、結果として製品の性能や品質に大きく関わる場合があり、作成の際には気が抜けません。また、お客様がご覧になる取扱説明書は、社内の資料以上に注意を払っています。

緊張感のある仕事ですが、この様に書けば見やすくなるのではないか、こんな風にすれば分かりやすくなるのではないかと知恵を絞って、自分の想い、アイデアを込めたものが最終的には形になるのが開発職の面白いところ。自分が携わったものには自然と愛着も湧いてきます。

イメージ2
pagetop

ここだけの失敗談

あれは新製品の評価試験を行っていた時でした。 雷による影響を評価するため、製品に高電圧をかけるその試験は一歩間違えば危険を伴います。機器のセッティングを終え、異常がないか確認をした後、いざ試験機の電源を入れようとした、その時・・・!
先輩からストップが!

実は、配線が間違っていたのです。もしそのまま、試験機の電源を入れていれば1台数百万円もする試験機を破壊し、その試験機を使う予定だった他の人にも迷惑が掛かっていました。それどころか、もしかすると私や周りにいた人が怪我をしていたかもしれません。そう考えると背筋がゾッしました。
それからは、「大丈夫だろう」という曖昧な確認ではなく、その試験の目的や動作原理など試験全体を通して大丈夫だと確信を持って試験を行っています。
何はともあれ、こうして私の試験機爆破事故は未然に防がれました・・・。

イメージ3
pagetop

学生へのメッセージ

学生生活で得た経験や思い出は、社会人になっても色褪せることはありません。
意外な経験が仕事で役に立つこともありますし、時に笑い話を思い出して、元気をもらうことも。

そんな私でも、学生の時にもっといろんな経験をするべきだったと思うこともあります。だからこそ皆さんは、学生という特権をフルに生かして様々なことに挑戦してみてください。挑戦する内容は、大きい事でも小さい事でも、何でも良いです。まずは動くことが重要です。失敗を恐れることはありません。失敗しても、そこから得られることが必ずあります。様々なことに挑戦した経験は皆さんにとっての財産になるはずです。

イメージ4
pagetop