S-AG04B IoTソリューション(WD)
6/32

5現場データの自動収集で「カイゼンのPDCAサイクル」をもっと加速できます!昼休みや夜間の自動運転の実施状況も一目瞭然。色・点灯状態の組み合わせによる設備の状態の識別もできます。設備名称1号機11121314155040302010050403020100504030201005040302010050403020102号機3号機4号機5号機赤色:異常停止黄色:オペレータコール緑色:正常稼働の場合白色:主電源ON収集データを集計すると、設備毎の累積稼働時間連続加工の回数稼働率緑 色累積停止時間回数累計チョコ停発生累積時間回数設備故障の発生累積時間回数の集計など赤 色オペレータコールなど人待ち時間 発生回数時間黄 色全消灯状態で設備待機状態(人待ち、ワーク待ちなど稼働時間への移行可能時間)設備稼働状態を時系列で「見える化」し、全てのロスを顕在化step 3白 色稼働率向上のためにカイゼン項目の検討(パートナー様のソフト運用や、お客様でのソフト開発が必要です。)管理ロス材料待ち、指示待ち、故障修理待ちなどの管理上発生する手待ちロス● 加工完了しているが、電源ONの状態が継続している。● 設備異常が放置され継続している。編成ロス多工程持ち・多台持ちにおける手待ちロス動作ロススキルの差によって発生するロス、レイアウトのまずさによるロス● 次項にある段取り時間が作業者でばらつきが大きいなど● チョコ停のはずが、気づくのがおくれ復旧まで時間がかかっているなど● 作業者の設備間の動線も見えてくる。PDCAPDCAまた、現場を熟知した管理者や担当者がガントチャートを読み解くと、以下の工数ロスも見えてきます。 現状把握現状把握BeforeAfterスピードUP

元のページ  ../index.html#6

このブックを見る